国内産100%!完全無農薬と、モダン乱敷きのたたみ替え
有限会社 鳥光畳店 とりみつたたみてん
千葉県船橋市宮本7-16-1 TEL.047-422-4092
トップ>畳替えってどんなこと?
サブメニュー
たたみ替えQ&A 畳の大きさ

たたみ替えってどんなこと?

畳の各部名称と、畳を構成している主素材

∇たたみの表面(写真=セキスイ美草畳表仕様)
畳を構成している素材の名称
∇たたみの裏面(写真=ダイケン畳床仕様)
畳を構成している素材の名称

一般的な畳は以下の素材を主に使用しており、これを組み合わせて加工し、畳として仕上げています。

♦畳表(たたみおもて)

畳床の上に被せてある表面材(ゴザ)です。栽培イグサを使った製品が主流ですが、和紙や合成樹脂原料を使用した工業製品も多くなっています。

天然たたみおもて製織のページへ≫

∇栽培イグサ製畳表
畳表

♦畳床(たたみとこ)

畳の厚さの大部分を占めている芯材です。昔から稲わら製品が使用されて来ましたが、現在は木質繊維ボードとポリスチレンフォームを組み合わせた製品(建材畳床)が多く使われています。

稲わら畳床製造のページへ≫

∇稲わら製畳床
畳床

♦畳縁(たたみへり)

畳表と畳床を切り落とした部分に被せてある丈夫な布地で、無地、柄、化繊製、綿製等多くの種類があります。縁の内側には下紙(したがみ)という、下地となる黒または白(縁の色により使い分け)の再生厚紙を使用しています。

畳縁製造のページへ≫

∇畳縁(左2種:化繊製、中:純綿製、右2種:化繊製)
畳縁
∇下紙(ハトロン紙貼付、約0.4mm厚、洲本製紙製)
下紙

♦縫着糸(ほうちゃくいと)

畳表や畳縁を縫い付けるための糸です。耐久性が高いビニロン製またはポリエステル製の糸を、機械により使い分けています。この他に、手縫い用のビニロン製切糸も使用します。
∇クレモナ:ビニロン製糸(帝国糸業製)、金の蝶:ポリエステル製糸(タケブチ撚糸製)
縫着糸

♦床厚調整材

畳の厚さを調整するための補助材です。以前は稲わらを用いていましたが、現在ではカビやダニ発生の心配がないフォーム材等が主流です。
床厚調整材

表替え、裏返し、新畳の3種類の総称を、たたみ替えと呼んでいます。

畳替えの概要図解

表替え(おもてがえ)


既存畳の畳表と畳縁をはがして、新しい物に取り替えます。畳床はそのまま使用します。
→選択材料:畳表畳縁、ご希望により付加機能シート

表替えをする時期の目安
•前回のたたみ替えをしてから約5~10年
•表面が擦り切れたり、穴が開いてしまったとき
•表面がささくれ立って衣服にゴミが付くとき

裏返し(うらかえし)


既存畳の畳表と畳縁をはがして、畳表の裏面を使用します。畳縁のみ新しいものに取り替えます。
→選択材料:畳縁、ご希望により付加機能シート

裏返しをする時期の目安
•前回のたたみ替えをしてから約3~5年
•シミや擦り切れがなく、表面の状態が比較的良好なとき
•使用年数や畳表の状態により、裏返しはおすすめ出来ない場合があります。
•特殊素材、変形、薄畳では裏返しが出来ない場合があります。

新畳(しんたたみ)


畳全体を新規に造る(新築や増改築の場合等)、または造り替え(既存畳の入れ替え等)ます。
→選択材料:畳表畳床畳縁、ご希望により付加機能シート

新畳に造り替えの目安
•新築から約20年(建材畳床)~30年(稲わら畳床)
•畳からの悪臭、腐臭が気になる時
•畳がぶかぶかと異常に柔らかく感じる時
•表面の凹凸が著しく目立つ時
ご注意: 新畳はすべて受注生産品で、完成品を在庫しているものではありません。

畳替え頃の目安

畳替え頃の目安
∗目安で表示している年数は、畳の品質や使用頻度によって異なります。
Δ このページの先頭へ戻る
メインメニュー
トップ 鳥光畳店について たたみ替えって? 製品一覧と価格 縁の見本 施工例 モダン乱敷き 見積とご注文 畳を傷めない作業 畳表の品質 通販、販売、サービス品 リンク サイトマップ
Copyright©2002-2017 Akio Torimitsu All Rights Reserved.(有)鳥光畳店

Valid HTML 5 正当なCSSです!