岡さんの泥染めしていない、すっぴんおもてのたたみ替え
有限会社 鳥光畳店 とりみつたたみてん
千葉県船橋市宮本7-16-1 TEL.047-422-4092
トップ>たたみ替えってどんなこと?>畳の構造
たたみ替えについて>
たたみ替えってどんなこと? 畳の構造 たたみ替えQ&A 畳の大きさ

畳の構造と使用部材

畳の各部名称と、畳を構成している主素材

∇たたみの表面
畳を構成している素材の名称
∇たたみの裏面
畳を構成している素材の名称

一般的な畳は以下の素材を主に使用しており、これを組み合わせて加工し、畳として仕上げています。

♦畳表(たたみおもて)

畳床の上に被せてある表面材(ゴザ)です。栽培イグサを使った製品が主流ですが、和紙や合成樹脂原料を使用した工業製品も多くなっています。
畳表

♦畳床(たたみとこ)

畳の厚さの大部分を占めている芯材です。昔から稲わら製品が使用されて来ましたが、現在は木質繊維ボードとポリスチレンフォームを組み合わせた製品(建材畳床)が多く使われています。
畳床

♦畳縁(たたみへり)

畳表と畳床を切り落とした部分に被せてある丈夫な布地で、無地、柄、化繊製、綿製等多くの種類があります。縁の内側には下紙(したがみ)という、下地となる黒または白(縁の色により使い分け)の再生厚紙を使用しています。
∇畳縁(左2種:化繊製、中:純綿製、右2種:化繊製)
畳縁
∇下紙(ハトロン紙貼付、約0.4mm厚、洲本製紙製)
下紙

♦縫着糸(ほうちゃくいと)

畳表や畳縁を縫い付けるための糸です。耐久性が高いビニロン製またはポリエステル製の糸を、機械により使い分けています。この他に、手縫い用のビニロン製切糸も使用します。
∇クレモナ:ビニロン製糸(帝国糸業製)、金の蝶:ポリエステル製糸(タケブチ撚糸製)
縫着糸

♦床厚調整材

畳の厚さを調整するための補助材です。以前は稲わらを用いていましたが、現在ではカビやダニ発生の心配がないフォーム材等が主流です。
床厚調整材
Δ このページの先頭へ戻る
メインメニュー
トップ 鳥光畳店について たたみ替えって? 製品一覧と価格 縁の見本 見積とご注文 サイトマップ
Copyright©2002-2018 Akio Torimitsu All Rights Reserved.(有)鳥光畳店